悪魔の包茎用語辞典
「アフターケア」


包茎手術後の回復期にある患者に対しておこなわれる各種指導や後療法。 要はアフターサービスのこと。どの包茎専門クリニックも無料としている。


手術後のアフターケア

包茎手術を受けた後は、出血を起こしたり、薄黄色いシミが包帯に大量についたり、 普段あまり経験したことがない様々な症状がでてきます。私も手術後に何度も相談電話をしたものです。
そしてもし傷が開いたり大出血したり等の症状の時には無料で再診察・治療が受けられます。 抜糸を希望する患者さんには無料でしてもらえるクリニックもあります。(抜糸にかんしては料金設定されている場合もある) 全国展開の包茎手術専門院の場合、治療を受けた分院以外での再診も無料で受けられます。 まぁ高い治療費を取ってるんだから、これくらい当然といえば当然のアフターサービスです。


包茎手術専門院ではこんなアフターケアも…

ところが一部の包茎手術専門院では電話相談で再診察を希望すると、できるだけ電話相談のみで済ませようとします。 これは開院日が限られており手術予約を優先したいからだったり、再診は無料なのでお金にならないからです。 基本的に一生に一度の客なので、手術が終わってしまえば客ではないからでしょう。
なので術後に電話すると「大丈夫です!」を連呼されるという。
それはこんな感じです。「出血してます!」「大丈夫です!必ず止まります。」、「傷が開いているようです!」 「大丈夫です! 傷が盛り上がってふさがります」、「心配なので一度診てもらえますか?」「「来院されても何もしてあげることはありませんよ。」…。
このような電話受付の壁を乗り越えて初めて再診が受けられるクリニックは珍しくありません。 もちろん患者さんを安心させるために連呼することもありますが、再診には来るなと同義語の場合が多いという。



悪魔の包茎用語辞典−包茎手術・治療編