包茎手術でツートンカラー
(包茎手術の失敗とトラブル)



国民生活センターが公表した「包茎手術に関する注意」の危害事例の中には入っていませんでしたが、「ツートンカラー」についてここでは検討してみます。

包茎手術専門病院で手術した場合は、手術の術式は「亀頭直下法」になるので、ツートンカラーの問題はほとんど生じません。この問題が生じるのは一般の泌尿器科で包茎手術をした場合であり、専門病院にはその修正の為に来院する患者さんが多い事例なのです。ではツートンカラーとは、どのような症状をいうのでしょう。


1、ツートンカラーの包茎手術

包茎ではない陰茎 亀頭直下法での包茎手術 一般の泌尿器科でよくおこなわれる包茎手術

では、図の@〜Bを見てください。図@は自然にむけたペニスです。陰茎の皮膚の部分(外板)から粘膜の部分(内板)へとペニスの先端にいくにつれて徐々に変化していきます。図Aは包茎手術専門病院でおこなわれる包茎手術「亀頭直下法」での状態です。切除ラインが亀頭の近くにあることが分ります。茎の部分はほとんど外板になり色の変化が目立つことはありません。そして図Bは昔からおこなわれてきた泌尿器科の教科書通りの包茎手術です。内板と呼ばれる粘膜の部分が多く残され、切除ラインは茎の中央寄りにあります。勃起させるとペニスの半分くらいで色が変わるため色の違いが目立ちます。


2、何故ツートンカラーにするのか。その訳とは?

一般の泌尿器科でよくおこなわれる包茎手術・亀頭の裏側

図Cを見てください。これはツートンカラーになる方法で包茎手術をした場合のペニスの裏側です。亀頭の裏側には亀頭小帯と呼ばれる筋があります。この方法で手術をすると亀頭小帯が全て残ります。

諸説あるようなのですが。この亀頭小帯とその周辺は性感帯が集まっているところで、そこを全て残すためツートンカラーになる方法で包茎手術をするのだそうです。

私が受けた包茎手術は専門病院で受けましたから「亀頭直下法」です。そのため亀頭小帯の下の方は無いくらい亀頭寄りに切除ラインがあります。でも性交渉には支障なく射精もできます。少しでも小帯を残せば問題が出ないのかもしれませんが、亀頭直下法だから問題が生じるということでもないようです。



3、ツートンカラーの修正

包茎手術専門病院には、このような一般の泌尿器科で包茎手術を受けツートンカラーになってしまった患者さんの修正手術をおこなっています。もちろん誰もができるわけではなく、皮に余裕がなければできません。手術の方法は簡単で多い内板の部分をメスで切りとってしまうだけです。修正手術はクランプなどの簡易包茎手術器具は使用できないので、どの病院も完全ハンドメスでの手術になるはずです。

▲このページの先頭へ



「包茎手術にまつわる、ここだけの治療話!」のスマホ版はトップページから各コンテンツにいく構造です。包茎手術に関する各種診断テストや専門クリニックのHPの疑問点・包茎手術の真実など盛りだくさんなので楽しんでください。

包茎手術にまつわる、ここだけの治療話!トップページ