包茎手術から1週間までの話


亀頭の過敏さゆえの激痛に悩まされた包茎手術当日が何とか終わった。ここでは翌日の状況を紹介しよう。

翌日以降についてはページを改めて紹介してますので参考にしてください。


地獄のような土曜日があけ、翌日曜日・・・晴。

 

朝から気分はブルー。

包茎手術の痛みで起きれない

包茎手術の痛みで、ほとんど睡眠らしい睡眠はとれなかった。朝食にも起きてこない息子を心配して母親が様子を見に来る。

面倒なので、だいぶ良くなったが食欲はないので朝食は取らずに休んでいると言って追い返す。

昨日に比べればだいぶ良くはなったが、あいかわらず動くと擦れて痛い。ベットでもほとんど動けない。

これで明日からの仕事に支障が出ないか心配である。

明日休んだ場合問題はないか頭の中で検討する。ちょっとマズイなぁ〜。


さて今日から一日一回、消毒をすることになっている。昨夜巻いた包帯を苦労して取る。


うわぁ〜〜〜! すげぇグロテスク。傷が生々しい。

オチンチン全体がうっ血して腫れている状態で、所々に内出血の跡が赤黒く残っている。

傷が開かないように傷にそって1周30箇所近く縫ってある。この糸が入っているのも粘膜を締め付けて痛いのだろうなぁ。

消毒液を塗るのも痛いので傷口全体にかけ、再度包帯を巻いておく。


さすがに空腹なので昼はおかゆを作ってもらいベットで食べる。

トイレに行く際にヨチヨチ歩きをしていたら母親に驚かれた。

「そんなに具合が悪いなら病院に行きなさい!」

本当に同居は楽だけど面倒くさい。これで明日会社を休むと言ったら何て言うか・・・。


夕方、彼女から連絡が入る。土・日曜日は急用ができたので会えないと言っておいたので電話をしてきた。

明日の会社帰りに会わないか・・・とのお誘い。ごめん!。無理!。

今、体調を崩して寝ているから明日の予定が解らないと伝える。彼女にも心配をかけてしまった。本当に申し訳ない。

でも色々聞きたがる彼女の電話に付き合える心の余裕はゼロ。

状況は明日メールすると伝え電話を早々に切る。

またベットに戻ってパンツを浮かせて擦らないようにして横向きに寝る。なんか涙がでる。


明日・・会社は休む。無理!!


NEXT 包茎手術後3日目の話



包茎手術あるある物語の告知