予約から手術前日までの話


包茎に悩んでいた時期もあるので、雑誌とかに出ている包茎手術専門のクリニックの名前ぐらいは何件か知っていた。

でも保険診療の泌尿器科の病院・クリニックでの治療は考えていなかったなぁ。

仕上がり具合がどうかというよりは、一般の泌尿器の病気で来ている患者さんに混じって「包茎の治療に来ました」とは 言えないし、女性の看護師さんがどこまで気を使ってもらえるかわからないのもあるしね。

それに包茎は包茎手術専門のクリニックで治療をするものと思い込んでいたし・・・。最初からどの専門クリニックで 治療をするかという問題からスタートしてました。


包茎手術の予約に悩む

そこで雑誌に掲載されている包茎手術の専門クリニックの広告を集めて読み比べることから始めたけど、正直いって差が解らない。

どこも「安心・安全・綺麗」をうたっているし、包茎手術の方法も「○○○法」等名称つけられているだけで同じ内容な気がしてならない。

治療費の安いところで決めるのも、安ければ良いというものでもないような気がするし…。

一番近所にある専門クリニックに決めようか????

手術を受けたあと帰るのが楽だし・・・(いっけんいい加減に決めてしまったクリニック選択だけど、手術後は近くて助かったのは事実です。真性包茎なら手術後の帰宅途中に発生する痛みが心配なので近場のクリニックがベストです。)


ということで自分の住んでいる家から30分程度で行けるクリニックで治療を受けるべくメールしたのだった。


包茎手術専門クリニックに予約

なぜメールで予約を入れたかというと電話でいろいろ質問されたりするのも鬱陶しかったりするし、どうせ診察に行けば 医師から症状や治療に関しては具体的な話も聞けるので2度手間。症状も診せていない状態では一般的な話しか聞けないしね。 それにメールなら後でも予約の確認ができるので便利だと思ったから。

日程調整に少し手間取ったが(基本的に土曜日は予約が集中するのか自分の希望する時間帯に空きがなかった)手術の予約は次の土曜日に決まった。翌日日曜日なので家でゆっくりできるだろうし、日曜日に大人しくしていれば月曜日からの仕事に影響はないだろうと考えたから。、 後でその考えは甘かったことが思い知らされたのだが・・・。


さて予約が決まってしまったら、後は手術まで何もすることはない。当日持参する印鑑・身分証・支払いのため事前に銀行に行って預金から20万円程度用意しておいた。

彼女には事前に話をすることはやめておいた。手術してから様子を見て話すことにする。

なかなか女性に「包茎」を理解させるのは難しいし、見せろなんて言われたら目も当てられない。

当日はクリニックに行く前に入浴を済ませておいた。 診せなきゃならないなら少しでも綺麗な状態の方が良いだろうし、手術後入浴の制限があったら暫く風呂には入れないだろうからね。


そしてドキドキの予約当日を迎えたわけだ。


NEXT 包茎手術当日の話