包茎手術後の出血
(包茎手術の失敗とトラブル)



国民生活センターが公表した包茎手術の危害事例の相談のうち2割程度が出血についても相談しているようです。包茎手術は包皮を切って手術しているわけですから術後に出血は高い確率で生じます。ここでは術後に出やすい出血について検討してみます。


1、包茎手術の出血

包茎手術後の出血量は術式によって差が出ます。クランプ・レーザー法で包茎手術をおこなった場合には、傷口はレーザーによって焼かれ溶接されたような状態になっているので傷口からの出血はほとんどありません。包帯に小さな血のシミができるのは勃起した時に縫合糸が入っている箇所が引っ張られ糸の穴から血が滲んでくる程度です。

クランプを使用せずハンドメスで包皮を切開した場合には、それなりの太さの血管は止血処理をしていても毛細血管までは処理しきれません。そのため術後包帯に切除ラインに沿って血のシミができるくらいの出血が出る可能性が高いです。この方法で包茎手術した場合には術後にすぐ巻く包帯はかなり圧迫気味に巻き出血を抑えるようにするはずです。病院によっては数日間は包帯を取らないように指導するところもあります。


2、出血が発生した場合の対処

帰宅した後に大出血! ものすごく慌ててしまいますよね。家が病院に近くてすぐ行ければ問題ありませんが、家が遠かったり深夜で病院が開いていない時間帯ではどうすることもできません。女性は生理があるため出血には慣れていますが、男性は慣れていないため貧血をおこしてしまう方すらいるようです。

このような場合でも慌てないでください。血がポタポタと出てくる状態で大出血と思っても出血量自体はたいしたことはありません。出血を止めれば良いのです。このような場合に有効な方法は圧迫止血です。出血している箇所を確認して綿球やガーゼで作った玉をあて、その上から圧迫気味に包帯を巻いてしまうのです。そうすれば出血箇所が強く抑えられ出血はたいてい止まります。これで血が止まらなかったら近所の救急病院に駆け込みましょう。また、このような大出血がおきた場合には体内に血が漏れ出して血腫ができて陰茎が大きく腫れあがる場合がありますので注意してください。血腫ができた場合には必ず病院の再診を受けてください。


▲このページの先頭へ



「包茎手術にまつわる、ここだけの治療話!」のスマホ版はトップページから各コンテンツにいく構造です。包茎手術に関する各種診断テストや専門クリニックのHPの疑問点・包茎手術の真実など盛りだくさんなので楽しんでください。

包茎手術にまつわる、ここだけの治療話!トップページ