包茎手術実績の計算基準について


さて、この「包茎手術にまつわる、ここだけの治療話!」の各地の包茎手術クリニックの検索ページには 包茎手術専門クリニックの各院の治療実績を掲載しています。 これはあくまで推計です。 でも推計の基礎になった数字は、クリニックによって公表された数字に基づいています。 それに私がWEB広告・雑誌広告の広告量、キャンペーンの質等を素人ながら勘案して計算してみました。 まぁ 参考程度に考えてください。


まず、推計の基礎になった数字は業界の最大手・上野クリニックの数字に基づいています。 上野クリニックは治療実績に自信を持っているため、かなり正確にホームページ上に数字を公表しています。


          

上野クリニック 2013年度包茎手術実績 11731名

だいたい年間12000名程度、月間で平均1000名の患者さんを手術している計算になります。 この数字を基にどのように計算したかというと・・・・

業界の人から聞いた話によると、東京を中心とした首都圏でだいたい総数の半分を占めるのが普通なのだそうです。 そうすると、上野クリニックの場合上野・新宿・渋谷・横浜・千葉・大宮で月間500名で、それ以外の地方で500名 ということになります。

首都圏以外のクリニックは10院ありますから単純に計算して1院あたり50名程度、後は都市の規模と競合クリニック の数を参考に割り振ってみました。

さて、上野クリニックの数が決まったら、知名度と広告量から他のクリニックを推計してみます。

次に続くのがABCクリニックと東京ノーストクリニックです。分院数が多いのが東京ノーストクリニック、キャンペーンの 質とWEB広告が優っているのがABCクリニックでクリニック全体の治療総数は同じ程度と考えます。そのため1院あたりの患者数はABCクリニックが 優位ではないかと推計しました。上野クリニックとの比較は知名度等からいって3〜4割程度と考えました。 後のクリニックは2〜3割としています。

そんなには実際の数字と大きく違うとは思えないのですが、いかがでしょうか?


「包茎手術にまつわる、ここだけの治療話!」のスマホ版はトップページから各コンテンツにいく構造です。包茎手術に関する各種診断テストや専門クリニックのHPの疑問点など盛りだくさんなので楽しんでください。

包茎手術にまつわる、ここだけの治療話!トップページ