包茎手術のやり方−クランプ使用の環状切開術

包茎手術のやり方
クランプ使用の環状切開術



包茎手術に使用するクランプの分解図

ここでは包茎手術のやり方の一番オーソドックスな手術法といわれる環状切開術を、「クランプ」と呼ばれる金属製の簡易包茎手術器具を使用した場合について解説します。

さて、上の図を見てください。これはクランプを分解した絵です。クランプの形状は数種類あるようですが、ここでは一般的と呼ばれている形状のものを取り上げました。@は「キャップ」で亀頭にかぶせて保護する部品。Aは「ブレード」と呼ばれる包皮を挟む輪とグリップの部品。Bは「てこ」の役割をはたす部品。Cは「てこ」を締めるネジになります。

一昔前の包茎手術は、この「クランプ」を使用することが最先端であるとされた時代もありましたが、現在ではそのデメリットから包茎専門病院では表向き使用していないことになっている道具です。(陰でこっそり使用しているクリニックはあるようです。)まず、ここではクランプの使い方から始めたいと思います。


クランプを使用した包茎手術@


クランプのキャップを亀頭にかぶせる

まず、仮性包茎の患者さんを想定します。クランプを使用する前に麻酔の注射をおこないます。麻酔が効いたらクランプのキャップを亀頭にかぶせます。これを被せることで、包皮を切除する際に亀頭を保護する役目をはたします。




クランプを使用した包茎手術A


包皮を元に戻す

キャップを亀頭にかぶせたら、包皮を元に戻します。これで包皮と亀頭の間にキャップがはさまった状態になっています。この包皮の戻し方が不完全だったりすると、傷跡がゆがむ原因になったりするのできちんと元に戻すことが肝心になります。




クランプを使用した包茎手術B


ブレードをかぶせせて上から見た図
ブレードをかぶせた側面から見た図

ブレードの輪の部分に、キャップをはさんだ陰茎を通します。




クランプを使用した包茎手術C


「てこ」をキャップ上部に装着する

「てこ」をキャップ上部にひっかけてからブレードに装着します。




クランプを使用した包茎手術D


ネジでてこを締める

ネジを締めて「てこ」を押していきます。するとキャップが上に押し上げられていき、キャップとブレードの輪にはさまれた包皮が締めつけられていきます。ここを中途半端に締めると包皮を切除する際に傷がズレることがあるので、きつくネジを締めます。麻酔が効いてなかったら悶絶ものですね。




クランプを使用した包茎手術E


包皮を切除する

ネジをきつく締めあげたら、ブレードの上に出ている部分の包皮を切除します。たいていは鋭い刃をもつハサミで包皮をジョキジョキと切ってしまうか、削いでしまうそうです。




クランプを使用した包茎手術F


キャップとブレードの接合部・断面図1
キャップとブレードの接合部・断面図2

上の図はネジで締めあげた時のキャップとブレードの接合部の断面図です。この状態で「クランプ」を外しても大丈夫ですが、縫合する時にテンションが少しかかると傷が開いてしまい縫いにくかったりします。

そこで登場するのがレーザーメス(もしくは電気メス・高周波メスなど)です。クランプで締めて包皮を切除した後に、レーザーを照射して傷を焼灼します。要は傷口の溶接です。右の絵で包皮を切り取った後に少しだけ残った切り残しの包皮の部分を焼いて固めてしまうわけです。そうすることによって縫合の際に傷が開かずに短時間で終わり、また術後に傷が開いて出血することも少なくなります。




クランプを使用した包茎手術G


クランプを陰茎からはずす

包皮を切って傷を焼灼して固めてしまったらクランプをはずします。あとは縫合すれば終わりです。

これがクランプを使用した環状切開術です。手慣れた医者なら10〜15分程度の時間があれば縫合まで全てが終わってしまいます。このクランプを使用すると患者さんの出血がないため、簡単に手術を終えることができるのです。

でも左の絵を見てください。傷跡が陰茎の中央部分にできてますよね。これでは勃起した際にツートンカラーのペニスになってしまいます。そのため「クランプ」を使用しても亀頭直下に仕上がる方法が考えられました。



「包茎手術にまつわる、ここだけの治療話!」のスマホ版はトップページから各コンテンツにいく構造です。包茎手術に関する各種診断テストや専門クリニックのHPの疑問点など盛りだくさんなので楽しんでください。

包茎手術にまつわる、ここだけの治療話!トップページ