包茎手術のやり方−ハンドメイドの環状切開術

包茎手術のやり方−ハンドメイドの環状切開術



亀頭直下・裏側の内板にラインを引く
亀頭直下・表側の内板にラインを引く

包茎手術専門病院が広告で「ハンドメイドの包茎手術」という表現を見かけますが、中には「クランプを手作業で操作した包茎手術」という意味の所もあるようです。ここでの「ハンドメイド」はクランプのような簡易包茎手術器具は使用せず、ハンドメスや鋭利な刃をもつハサミ等で包皮を切除する手作業の包茎手術を解説します。

ハンドメイドの環状切開術には、色々な方法があります。鉗子を使って可能な限り出血を抑えておこなう方法や、豪快にハサミでジョキジョキと包皮を切ってしまうやり方まで…。ここでは、あまり細かい説明は避けて簡潔にハンドメイド法の解説を進めていきます。

まず、一番最初におこなうのは切除ラインのデザインです。包皮の内側・内板にラインを引きます。亀頭直下の環状切開術にする時は上の絵の位置でライン引くことになります。


ハンドメイドの包茎手術・亀頭直下法@


陰茎の外板にラインを引く

次の包皮の外側・外板にラインを引きます。




ハンドメイドの包茎手術・亀頭直下法A


ライン間の包皮を切開する

内板と外板に切除ラインを引いたら、包皮をむいてラインの間の皮を切除します。簡単に説明すればラインに沿ってメスを入れて間の皮を2mm程度の厚さで剥ぐわけです。




ハンドメイドの包茎手術・亀頭直下法B


包皮を取り除く
包皮を縫合する

ラインの間の包皮を切除した絵です。当然メスで包皮を切りとったので、所々から出血します。そのため出血している箇所を電気メス等を使用して焼灼して止血していきます。きちんと止血作業をするとかなり時間がかかる作業です。

止血作業が終わったら、切除ラインの縫合をおこないます。


ハンドメイドの包茎手術・亀頭直下法C


ハンド法による環状切開術の仕上がり

ハンドメイド法によって環状切開した場合の仕上がりです。傷口をレーザーメス等で溶接していないので糸と糸の間の傷口が少し開き気味の箇所があったりします。クランプ法と異なって術中にかなり出血します。そのため止血作業をしますが、術後は出血しやすくなります。そのためハンドメイド法で手術した場合、術後の包帯は圧迫止血を目的にかなりきつく巻かれ、病院によって2〜3日間はその包帯を取らないように指示するところもあります。




「包茎手術にまつわる、ここだけの治療話!」のスマホ版はトップページから各コンテンツにいく構造です。包茎手術に関する各種診断テストや専門クリニックのHPの疑問点など盛りだくさんなので楽しんでください。

包茎手術にまつわる、ここだけの治療話!トップページ