悪魔の包茎用語辞典
「コラーゲン」


人体を構成するタンパク質の一種。人間の場合は全タンパク質の30%ぐらいはコラーゲンである。 包茎手術専門院では陰茎部の増大治療に注入剤として使用している。


ヒアルロン酸がプチ整形で使用されるようになる前は、亀頭増大に使用される薬剤はコラーゲンでした。 今でも一部の包茎手術専門クリニックでは増大術にコラーゲンを使用するところもあるようです。 注入剤として使用するコラーゲンには2種類あり、牛由来のコラーゲンとヒト由来のコラーゲンです。 牛由来のコラーゲンは子牛の皮膚に含まれているコラーゲンを抽出して精製したもので、従来から多く使用されてきた製品です。 日本の厚生労働省から認可を受けた製品もあり安全性は高いものがありますが、牛由来なので注入前にアレルギーが無いか皮内テストをする必要があります。 包茎手術と一緒にその場で注入というわけにはいきません。(一部のクリニックではテスト無しに実施しているところもあるようですが…) だいたい3%ぐらいの方がアレルギー反応が出るようです。 コラーゲンが優れているのは注入した時の皮膚の弾力が自然な感じだからです。 顔の美容整形ならわかりますが亀頭増大ではあまりメリットがないような気がします。
ヒト由来のコラーゲンは皮内テストの必要はありませんが外国からの輸入品になります。 まだ厚生労働省の認可を受けた製品はありませんが美容外科の病院では使用されています。何度も足を運ぶ必要がない手軽さがウリのようです。
ヒアルロン酸にしろコラーゲンにしろ、時間の経過とともに吸収されて無くなるわけで、パンツの中に隠れている陰茎に注入するメリットは無いと思うのですが…いかがですか?



悪魔の包茎用語辞典−包茎手術以外編