悪魔の包茎用語辞典
「フォアダイス」


厳密には陰茎の茎の部分にできる鳥肌のような良性のブツブツをいう。 最近では真珠様陰茎小丘疹など陰茎部にできるブツブツを総称してフォアダイスという。


真珠様陰茎小丘疹は亀頭のカリの部分にあるブツブツでフォアダイスは茎の部分にあるブツブツをいい、 本来は別物であるが良性で感染せず珍しくもない症状なので線引きがあいまいであり、総称してフォアダイスと呼ばれることが多い。 一般の保険診療の病院にとってはどっちでも良いレベルの話である。

包茎手術専門院でフォアダイスを治療する患者は真珠様陰茎小丘疹のほうを治療する方がほとんどである。治療法は極めて簡単で低出力のレーザーや電気メスを 患部に照射して焼いてしまう方法である。照射した所は表面の粘膜が1枚剥がれ落ちる感じになる。手間に比べて治療費が取れるため亀頭にブツブツがある 患者さんが来院すると必ず包茎手術と一緒に治療することを勧められる。勧誘の常套句は「1回の麻酔でどちらも治療できます。」だ。

たいていは軽く照射する程度なので問題は無いのだが、慣れない医者が照射して(出力が強かったり、長時間照射しすぎたのが原因)患部が 少し陥没してしまったケースも存在する。

厳密な意味のフォアダイスを治療する方が少ないのは、気にする部分が陰茎の粘膜のなかに透けてみえる極小さい白いブツブツの集まりであり、 この部分は亀頭直下法で包茎手術をおこなうと包皮と一緒に取ってしまうところだからである。



悪魔の包茎用語辞典−包茎手術以外編