悪魔の包茎用語辞典
「高須克也」


日本で一番有名な美容外科医。高須クリニックの院長。日本で包茎手術を流行らせた張本人。


昭和の50年代。まだネットという便利なものが無く、雑誌の力がはるかに強かった時代に突如現れたのが 「包茎は不潔。包茎は女性に嫌われる」という一大キャンペーンでした。若い男性に影響力のあった男性誌には、どこもこのキャンペーンが掲載され、 包茎を気にした青年が病院に殺到する事態が出現したのです。 当時を知る医師に話を伺うと、手術室の中がレーザーメスで焼いた皮膚から出た煙で霧がかかったようだったそうです。 中には火災報知機が作動した病院もあったとか…。
このキャンペーンの張本人というか大きな役割を果たした人が高須院長だったのです。(御本人さんも認めています。) つまり包茎なんて作られたコンプレックスだったわけです。
男性にとっては罪作りなことをしてくれた医者です。



悪魔の包茎用語辞典−包茎手術・治療編