悪魔の包茎用語辞典
「ペリカン」


ペリカン変形ともいう。包茎手術後に亀頭の裏側が腫れたように大きくなり、陰茎を横から見るとペリカンの嘴から首のあたり の形状に似ていることから、この名前がついた。


ペリカン変形による陰茎の状態

図を見てほしい、これは決して大げさな絵ではありません。 このような「ペリカン変形」の症状がでるのは裏側の切除ラインのデザインミスが原因。亀頭小帯を残すため粘膜部分を多めに残し、 それに加え陰茎の裏側の皮膚の部分の皮に余裕をとり過ぎて、たるんでしまい膨れたようになってしまうわけだ。 この症状に対する専門クリニックの側の言い訳としては「亀頭の裏側は勃起すると一番テンションがかかるので皮に余裕をもたせており、 その部分にリンパ液などの体液が溜まるため腫れる。時間の経過とともに吸収される。マッサージをすると良い」である。 それを信じて長期間マッサージを続けた患者さんは多いが元に戻った患者さんはいない。なんど病院に相談電話をしても答えは同じで、患者が諦めるまで続く。

ちなみに吸収されて腫れが戻る可能性は極めて低く、元に戻すには余裕がある皮を再度切り取る必要がある。患者さんの中には最後まで諦めず 電話をかけ続け再診まで持ち込み、アフターサービスで再手術を勝ち取った強者がいるらしい。そこまでしないと戻らない。



悪魔の包茎用語辞典−包茎手術・治療編