悪魔の包茎用語辞典
「根元部分切開法」


陰茎の根元(陰毛が生えているあたり)に切除ラインがくるようにする包茎手術。画期的な手術法と宣伝した専門院もあったが 昔から存在する手術法。適応できる患者の数が少なく、また陰毛の処理等で面倒なため一般化しなかった手術法である。


陰茎の先端部・亀頭周辺にメスをあてることはないので施術跡が目立たない。 ただし、真性包茎や仮性包茎で多くの皮が余っているタイプの患者は適応できないため症例数は極めて少ない。程度の軽い仮性包茎の患者さん用の包茎手術である。

仮性包茎で皮がたくさん余っていると亀頭を露出するためには、かなりの皮を根元で切りとらなければならず、 それをすると陰茎の皮膚(外板)の大部分がなくなってしまうからだ。反対に皮がたくさん余っていると包皮の内側の粘膜部分(内板)が多いため、陰茎が外板が少なく 内板が多い変なペニスになってしまう可能性が高いからだ。



悪魔の包茎用語辞典−包茎手術・治療編