悪魔の包茎用語辞典
「名義貸し」


他人の契約に、自分の名前等を貸して契約すること。 ここでは医者が名前だけの院長に就任することをいう。


自由診療の世界で最大の闇と言われているのが「名義貸し」の問題である。 医者の世界では保険診療の医療機関で患者の病気に立ち向かうのが医者の使命であり、病気でない症状を治療する自由診療の世界は異端であるという 価値観が根強い。美容外科については大学病院などにも診療科ができたりして見直され始めており院長に就任する医師も増えてきているが、 包茎手術業界では慢性的に不足している。 苦労して医者になってペニスの皮を切るのを一生に仕事に選ぶことはまずないため常勤の医者は少なく、非常勤の医者が包茎手術業界を支えている。

そのため、資格はもっているが働いていない医者(高齢で引退した医者や結婚して家庭に入った医者)や、 医者の資格はもっていても臨床に従事していない研究畑の医者から名前だけ借りて院長になってもらうことがあるらしい。 もちろん院長は常勤で病院を管理・監督する義務を法律上課せられており、名義貸しは違反したいるが中々無くならない。

本来は保健所がこれらを監督しなければならないのだが、保険診療の病院で手一杯で自由診療の病院は問題を起こさない限り放置されている のが現状で、たまに思い出したように摘発される病院があるが始末書程度ですませてしまうため、いつまでもなくなることがない。



悪魔の包茎用語辞典−包茎手術・治療編