悪魔の包茎用語辞典
「高額治療費問題」


美容外科や包茎専門等の自由診療の病院で起こる治療費が予想を超えて高騰することによって生じる諸問題。 大抵は消費者センター等の公共機関を通じてバトルが発生し、最悪裁判まで発展するケースもある。


主にこの用語辞典でも解説している「カウンセラー」と呼ばれる営業職と患者との間のカウンセリングが 原因で発生する。カウンセラーは営業職なのでクリニックの売上を伸ばそうと(また自分の給料が歩合給の場合には給料アップを目指して) 治療内容のグレードアップや患者が目的とした治療以外のものも勧める。 ここで患者側が優柔不断な態度でいると、カウンセラーが説得が強くなり、最後は負けて奨められるまま、全ての治療を受け入れてしまう。 そして治療が終わって、いざ支払の時に予想外の治療費の高騰に青くなって消費者センターに駆け込むという展開である。 簡単にいうと「カウンセラー」が調子に乗りすぎたのと、自分の支払能力を超えているのに断れない患者の気の弱さが原因とされている。


法律上未成年でないかぎり合意された契約は有効である。そのため、消費者センター側は契約の瑕疵を主張することになる。 「ローンの金利が、これほどかかるなんて聞いてない」「最終的な支払い総額を教えてくれなかった」「下半身が裸の状態で他の治療も勧められ 、恥ずかしくて正常な判断ができなかった」「診察を受ける前に、受付で手術承諾書を書かされた」等々…。いろいろな理由をつけて治療費の ディスカウントをつきつけクリニック側に要求を飲ませることに成功しました。

そのため現在では必ず診察・カウンセリングの時に治療費の総額やローンの場合には金利を含めた支払総額、治療内容の明細を明示し 手術の承諾書も診察・カウンセリングの後に服を着た状態でもらうようにしているらしい。いっけん改善されたようにみえるが、逆に契約時の瑕疵がなくなり 高額治療費を安くする手段が無くなったという意見もある。



悪魔の包茎用語辞典−包茎手術・治療編