悪魔の包茎用語辞典
「医療法人」


病院・診療所開設・運営を目的とした法人。 多くの分院をもつ病院の運営に適した形態。包茎手術専門クリニックの中でも医療法人化をはかっているところはある。


はっきり言って患者にはあまり関係ない話です。 医療法人だからと言って包茎手術がうまくなるわけでは決してありません。単なる組織形態の話です。 現在、包茎手術専門クリニックの多くは個人の診療所(クリニック)の集合体でしかありません。各分院の院長が独立した経営者で、 グループの他の分院と同じ商号(院名)を使用して、共同で広告宣伝をおこなっているだけという形態です。 だから診療責任は独立した分院ごとに負うことになります。(実際は分院を開設するお金は本当の経営者から出ていて、院長は雇われた院長にすぎません。 金銭的な最終責任は本当の経営者が負っているようです。)
本当の経営者がいて、分院は雇われた院長が勤めるなら法人化してしまえば問題はなくなるわけで、 包茎手術専門クリニックも全てこの形態に移行すべきなんですが、中々難しい問題もあるようです。
個人病院・医院や個人の診療所を開設する場合は最寄りの保健所に開設届を提出すれば開設できます。 特に入院施設がない診療所(クリニック)なら医師免許証さえあれば届出だけです。 医療法人の場合は取り扱いが都道府県になります。更に分院が都道府県を超えて多数存在するような広域医療法人は厚生労働省が管轄となり、 認可判断には社会保障審議会の意見を聞かなければなりません。つまり認可されるハードルが高くなるわけです。 時間もかかるし面倒なので、中々広域医療法人化には踏み切れないわけです。



悪魔の包茎用語辞典−包茎手術・治療編