悪魔の包茎用語辞典
「ハンドメイド」


包茎業界の広告・ホームページ等でよく使われる言葉。 本来は手作業で創作するという意味である。


包茎手術業界で使われる「ハンドメイドの手術」という言葉は、 「素晴らしく綺麗に仕上がる、患者さんのペニスの形状に合わせた手術」と同義語で用いられている。 ただ良く考えてみると手術室は工場ではなく、オペ台はベルトコンベアではない。手術は全て医師の手作業でありハンドメイドである。 なので「ハンドメイド」だから綺麗に仕上がるというのは幻想であり注意が必要である。 各クリニックに「ハンドメイド」の意味を問い合わせると「クランプ」という簡易包茎手術器具は使用しないという意味だったり、 単に大量生産(予約を詰め込んで5分診察・20分手術みたいなこと)はやってませんという意味だったり、 かなり曖昧に使用されている便利な言葉である


包茎手術専門院の選択で気を付けなければならないのは常勤医がいる病院なのか否かである。包茎手術専門院の中には全員アルバイト医師で 運営しているクリニックも多く(中には院長もアルバイトだったりする)、基本的にそういう病院の包茎手術は「クランプ」と呼ばれる簡易包茎手術器具を 使用した手術であり厳密な意味でのハンドメイドの包茎手術はおこなわれていない場合が多い。何故ならばメスを使用したハンドメイドの包茎手術は 止血に時間がかかり、術後に出血などのトラブルが発生する可能性があるため、緊急事態に対応できる常勤医がいるクリニックでないと対処できないからです。 また、ハンドメイドの包茎手術は、それなりに経験も必要でアルバイト医師しかいないクリニックでは十分な研修ができないことがあげられます。

完全ハンドメイドの包茎手術を希望するのであれば、そこらへんに気を付けて選んでください。



悪魔の包茎用語辞典−包茎手術・治療編