悪魔の包茎用語辞典
「安全」


許容できない危険性がないこと。客観的・科学的にその可能性が判断される。


医療には100%安全ということはありません。どんな手術にもリスクはあり、どんな治療・薬にも副作用があります。問題はそれが事前に患者に対して開示・説明がされているかということです。 包茎手術専門クリニックの診察・カウンセリングを受けて、きちんとリスクや副作用が説明されているか、説明を求めたらきちんと答えられるか、厳しい目で判断する必要があります。やたらと「安全」を連呼するクリニックは要注意です。包茎手術専門クリニックなどの自由診療の病院は基本的に商売ですから、リスクや副作用の話がなおざりになりがちです。特に包茎手術の場合は
・傷跡の残り方。(診察の際に傷跡の仕上がりをあいまいにするクリニックはクランプ使用の疑いが多いです。写真等の確認できるクリニックがベスト。写真を見せないクリニックは理由として傷の残り方は個人差があるので誤解を患者さんに与えるから…といいますが、口先だけで綺麗に仕上がりますからという方が患者さんに誤解を与えていると思います。)
・麻酔のリスク。
・ヒアルロン酸等を注入する場合にはそのリスク。
は納得できるまで聞きましょう。



悪魔の包茎用語辞典−包茎手術・治療編