悪魔の包茎用語辞典
「セカンド・オピニオン」


あるクリニックの病状説明や治療方針が正しいのか、別のクリニックを受診して確認すること。 一部の自由診療のクリニックでは一番嫌がること。カッコいいので宣伝文句としては使用するが、実際は診察・カウンセリングの後に治療に誘導するのが普通である。(理由は治療時間をとってあるので時間が空いてしまうから)


インフォームドコンセントを担保する手段が「セカンドオピニオン」である。 医師は患者に対して正確な病状と適切な治療方針を解りやすく説明し、患者に理解させたうえで手術の合意を形成する義務があるが、本当に正確で適切なのかは 素人である患者には解らない。そこで別な病院を受診して意見を聞くことを「セカンドオピニオン」という。

最近はこのセカンドオピニオンが一般化してきたため、診察・カウンセリングの後に、すぐ手術を受けない患者も少し増えてきたようだ。 そのため専門クリニック側も同業のクリニックで診察を受けた経験があるか、カウンセリングの際に事前に確認するようになったという。 確認する理由は、前のクリニックの治療費を参考にするためといわれている。 そのため後で診察を受けたクリニックほど治療費が安くなる傾向があるそうだ。(あくまで噂です。)



悪魔の包茎用語辞典−包茎の症状編