悪魔の包茎用語辞典
「亀頭小帯」


裏筋ともいう。亀頭部の裏側、尿道の下あたりにある筋。 この筋の左右周辺に性感帯が存在するといわれている。


口淫の際にここを責められると弱い男性は多い。そのため小帯を性感帯と認識している人は多いが、 正確にはその周辺であり小帯ではない。包茎手術で亀頭直下法をとった場合、切除ラインを亀頭冠にできるだけ近づけるため、 小帯の一部(全部)を取ってしまった時代(クランプを使用して亀頭近くに切除ラインをもってこようとすると、微妙な操作ができないため小帯が無くなってしまう ことが多かった)があり、性感帯が無くなったと心配した患者さんからの問い合わせが殺到した。そのため最近の包茎手術ではできるだけ小帯を残す方向で おこなっている。

実際に小帯が無くなり感度が落ちたという患者さんも存在するが、因果関係は定かではない。

この亀頭小帯から陰茎の裏側の筋まで真っ直ぐになるのが普通だが、クランプを使用した包茎手術では、下手な医者にあたると切除ラインの所で 大きくずれる場合がある。



悪魔の包茎用語辞典−包茎の症状編