悪魔の包茎用語辞典
「亀頭冠」


亀頭のエラがはっている部分。亀頭のカリの部分。性感帯が集中する部分である。 ここにブツブツがある人が多い。


亀頭の一番エラがはっている部分。性交渉のとき引っかかりを良くする形状をしている。 この部分にブツブツがある人が多い。ブツブツの形状が同じ大きさで、増殖していないなら真珠様陰茎小丘疹というもので、これは性病ではない。 包茎の人に多いといわれているが定かではない。見た目が悪いので包茎手術を受ける際に除去手術をあわせて実施する患者さんは多く、包茎手術専門院の新たな飯のタネ になっている。ちなみに除去手術は出力の抑えたレーザーメス・電気メスを照射して焼灼する。麻酔が効いている間は痛くないが切れると当然かなり痛いらしい。

クランプを使用した包茎手術を行う際に器具の操作ミスで亀頭冠の部分を削ってしまうことが極たまにあるらしい。その際の言い訳は「太い血管を 避けるためやむなく切除ラインを亀頭側にとった。」と言うそうだ。

増大治療の時には、この部分にヒアルロン酸等の注入剤を入れるとハリが出て少量でも大きくすることができる。



悪魔の包茎用語辞典−包茎の症状編