悪魔の包茎用語辞典
「仮性包茎」


包茎の症状のうち包皮を剥いて亀頭を露出することができるタイプをいう。


仮性包茎には勃起しても自然とは亀頭が露出しないぐらい皮が余っている重度の仮性包茎のタイプから、 普段は剥いておくことができ手で引き上げれば包皮を亀頭にかぶせることができるくらいの軽度なタイプ(自分を包茎と認識していない方が大部分)まで幅広い。 俗に日本人の男性のうち7割は包茎といわれているのは軽度の方を含めるからである。

仮性包茎の方で包茎手術の必要性を検討しても良い方は重度のタイプぐらいなので、大多数の方は必要性に乏しい。

保険診療の病院では仮性包茎の患者は手術してくれないところが多い。仮性包茎は病気でないからという理由もあるが、保険点数が低いため 利益が生じないという理由もある。最近は保険診療の泌尿器科のクリニックで自費診療で仮性包茎の治療を引き受けるところも増えてきたらしい。その場合に 設定されている料金は包茎手術専門院の基本料金とほとんど変わらないが、オプション治療などの営業が無いため比較的安く治療できるという。

不潔にしていると包皮口あたりが炎症を起こし包皮が硬化したりしてカントン包茎に症状が進行する場合があるので、 入浴時には清潔にするように心がける必要がある。

実際専門病院で包茎手術を受ける患者の8割近くは仮性包茎といわれている。 こんなに多いのは専門病院がマスコミを動員して「包茎」=「不潔」、「包茎」=「女性に嫌われる」というイメージを男性に植え付けることに 成功したからといわれている。ちなみに仕掛人として高須クリニックの院長が自ら名乗り出ている。



悪魔の包茎用語辞典−包茎の症状編