悪魔の包茎用語辞典
「カントン包茎」


包茎の症状のうち勃起すると包皮を剥くことができなくなるタイプである。真性包茎に分類される。


一番リスクの高いタイプの包茎である。普通の状態の時は包皮を剥くことができるけど、 包皮口が若干狭いため勃起させて陰茎が大きくなると剥けなくなる。 そのため無理して剥いたりすると包皮口が陰茎を締め付けてしまい。血流障害が起こる。 血流障害が起こるとリンパ液が体内に溜まってきて亀頭周辺の粘膜部が大きく腫れてくる。 これを俗に「カントン腫れ」といい、大きく腫れると元に戻せなくなる。そのまま放置するとブヨブヨした腫れが硬化したり、最悪壊死する場合もある。

包茎手術専門病院には年間数人ぐらいはカントン腫れを起こしてあわてて来院する患者さんがいるという。

「カントン腫れ」は大きくなると亀頭のすぐ下にミカンがついているぐらいにドーナツ状に腫れる。最初は触るとブヨブヨした感じで 、水風船のような感じである。この状態なら締め付けを解除できればすぐ元に回復する。 「カントン腫れ」を起こした場合は、病院でカントンした部分を切開して締め付けをとり包皮を元に戻し、数日して患部が十分に回復してから 包茎手術を実施するのが普通。ただ包茎手術専門院の中には面倒なので同時に手術してしまうクリニックもあるらしい。

風俗遊びをして女性とシャワーを一緒に浴びた時に、カントン包茎をよくしらない女性に思いっきり包皮をむかれてしまい 遊ぶどころではなくなった話は良く聞く。不潔なので相手をしたくなく故意にやっているという説もある。



悪魔の包茎用語辞典−包茎の症状編