悪魔の包茎用語辞典
「壊死」


国民生活センターで発表された「美容医療サービスにみる包茎手術の問題点」で指摘された「壊死」という言葉が 包茎に悩んでいる患者さんに衝撃を与えたという。 ちなみに壊死(えし)とは血行障害等の原因によって生体の細胞組織が死ぬことをいいます。


この報告を読んで包茎手術を受けると血液の循環が悪くなり陰茎が壊死してしまうと誤解する患者さんが多発したようで、 診察・カウンセリングの際に「包皮を切れば血管もそこで途切れてしまい壊死するんじゃないですか?」という質問が多くなったそうだ。 包茎手術で包皮を切って陰茎が壊死することはありません。 壊死したケースは包茎手術と合わせて亀頭増大治療を実施して陰茎にヒアルロン酸等を注入し、その薬剤が陰茎の動脈を塞いでしまい血行不良で壊死を 起こしてしまうのがほとんどです。
包茎手術専門院の中には手術代金の上乗せを図るため、亀頭が小さ目の患者さんに発育不全といって亀頭増大を勧めたり、亀頭を大きくしないと包茎も治らないと言って 亀頭増大を勧めるところもあるようす。ヒアルロン酸は吸収されるから安全性が高いのであって一時的な効果しか認められません。包茎手術が終わって、 初めて見せられたペニスの見栄えが良くなるだけです。

また、亀頭が壊死を起こしている場合は、ヒアルロン酸の溶解注射を注射して注入したヒアルロン酸を溶かすとともに、死滅した細胞組織が感染を 起こさないように持続的な抗生剤の投与がおこなわれます。ただし死滅した細胞組織は再生しないので壊死をおこした部分は欠落してしまい 亀頭の形は凸凹になってしまいます。

ちなみに噂で聞いた話では、病院と壊死を起こした患者さんとの間で裁判になり500万円前後の和解金で決着したそうですが、 その程度の金額で亀頭が凸凹になってしまうんじゃ割が合いませんよね。


あとカントン包茎の患者さんが無理やり包皮をむいてしまい、狭い包皮口が陰茎を締めつけてしまい血行不良をおこして 壊死をおこす場合がありますから注意が必要です。



悪魔の包茎用語辞典−包茎の症状編