青森で包茎手術を受けるならここだ!!


青森で唯一の包茎手術専門クリニックは本田ヒルズタワーである。このクリニックの特徴として本田医師が南は沖縄・那覇市から 北は札幌まで日本中のクリニックを回って包茎手術を担当しているため予約が入れづらいことだ。そのため専門クリニックで手術を受けたい患者さんは仙台・盛岡まで行って包茎手術を受ける場合が多いとされている。


ではここで、青森における各クリニックの包茎手術実績について私なりに推計してみよう。 推計は治療実績を公表している上野クリニックの数値を基準にWEB・雑誌などへの広告量を勘案して計算してみた。 本田ヒルズタワークリニックで月間20名程度であると思うが、いかがでしょうか。青森県ではほぼ独占状態ではあるけど 知名度的には上野クリニックよりかなり離されていること。東北新幹線の新青森駅が開通して仙台方面に流れている可能性も高く、また本田ヒルズタワー自体の予約の入れづらさから、かなりの取りこぼしがあると考えてみました。

計算の基準について


青森の包茎手術専門クリニック

本田ヒルズタワークリニックのアイコン
本田ヒルズタワークリニック
本田ヒルズタワークリニックのホームページ
本田ヒルズタワークリニックのホームページ

青森にある本田ヒルズタワークリニックは、本州最北端にある包茎手術専門クリニックとして地元・青森県の包茎患者の治療にあたっている。 本田ヒルズタワーは、包茎手術のカリスマといわれる本田昌毅総院長がプロデュースしている専門病院である。 本田総院長は神奈川クリニック・山の手形成クリニック・東京ノーストクリニック等と包茎手術専門院の院長を歴任し、 包茎手術の歴史と共に生きてきた生き字引的存在である。 そんな包茎専門院の数々の手術法を熟知した本田総院長が厳しく育て・指導してきた本田ヒルズタワーの精鋭医師が 全国の分院をまわって包茎手術を担当しているという。 本田ヒルズタワーの包茎治療のコンセプトは「できるだけ包茎は切らないで治す」ということ。 そのため色々な治療方法をカウンセリング時に患者に提示してくれるので、患者さんの希望にあった治療が受けられると青森でも評価が高い。 北海道新幹線の開業で道南からも患者さんが来院しているといわれ、ここ青森で盤石の地盤を築きつつあるといわれている。


青森院の外観
青森院の外観2

住  所 青森県青森市新町2−1−11 ESTビル2階

電話番号 0120−84−0836

 青森院住所
 青森県青森市新町
 2−1−11
 ESTビル2階

 電話番号
 0120−84−0836

本田ヒルズタワークリニック青森院へ包茎手術に行く場合はJR青森駅東口を出てください。駅前はバスのロータリーになっています。ロータリーから新町通りを進んでください。通りを進んで3つ目の信号が新町通りとアスパム通り(八甲通り)の交差点です。そこを過ぎると左手に「みずほ銀行」があり、本田ヒルズタワークリニック青森院は5件先。ビル1階は「日本旅行」です。
青森院に包茎手術を受けに行く場合は公共の交通機関の利用をお勧めします。


青森院詳解ボタン
青森院詳解ボタン


▲このページの先頭へ


青森の包茎患者がよく行く包茎手術専門クリニック

上野クリニックのアイコン
上野クリニック
上野クリニックのホームページ
上野クリニックのホームページ

青森市で包茎手術といえば上野クリニックですね。包茎手術業界で最大手、「タートルネック」をモチーフにしたテレビCM等で青森でも知名度は抜群な 上野クリニックの仙台院です。青森に分院は存在しないため諦めていた患者さんが、青森まで新幹線が開業したことで仙台まで足をのばす方が増加したそうだ。 それもそのはずで、包茎手術の実績の指標といえる包茎手術実施率が業界でもNO1の80%超えを記録するほど 来院した患者さんに選ばれるクリニックなのだ。 上野クリニックの包茎手術の特徴は「複合曲線作図法」というハンドメイドの包茎手術でなければ実現できない、患者さんのペニスの形状に合った複雑な曲線を 描くもの。そのため仕上がりの評価は専門院でもNO1という。 また包茎手術の痛みに対しても3段階麻酔法という、段階を追って麻酔を浸透させる技術で患者の不安を取り除いている。 これが2時間かけても仙台まで、上野クリニックの包茎手術を受けに来る青森の患者さんの大きな理由なのだ。


青森から上野クリニック
青森から上野クリニック

住  所 仙台市青葉区中央1−6−27 仙信ビル7階

電話番号 022−723−3000

 住  所
 仙台市青葉区中央
 1−6−27
 仙信ビル7階

 電話番号
 022−723−3000
写真で道順を確認

青森から上野クリニックに行く場合はJR仙台駅を西口から出てください。そして西口駅前のロータリーから右側の「駅前通り」を進んでください。AERビルを過ぎると広瀬通りとの交差点があります。ここを左折してください。左折すると東京建物仙台ビルがあり、その先に「杜の都信用金庫」があり、その奥が上野クリニックがあるビルです。
青森から来院される場合には新幹線利用が一番よいでしょう。


上野クリニック詳解ボタン
上野クリニック詳解ボタン



ABCクリニックのアイコン
ABCクリニック
ABCクリニックのホームページ
ABCクリニックのホームページ

包茎手術業界で上野クリニックと首位の座を争っているのがABCクリニック。 「知名度はなくても、実績だけなら負けません」のキャッチフレーズ通り、ここ青森でも着実に患者を増やしている。 その大きな理由が包茎手術業界を震撼させた激安キャンペーンだ。一時は多くの患者さんが集まりすぎたため包茎手術を当日に希望する患者さんを断った という噂が業界に走ったことがあるという。「3万円包茎手術」が代名詞のようにいわれた時期もあっったが、包茎手術の仕上がりに対しては妥協を許さない姿勢から、 今では日本一のコストパフォーマンスを誇る病院と評価が一変している。 そのため他の専門院でセカンドオピニオンを聞いてくることを積極的に勧めるカウンセリングをしているほど自院の包茎手術に絶対的な自信をもっている。 その自信の現れが包茎手術の実績の指標と言える包茎手術実施率の高さだ。上野クリニックには届かなかったが 70%を超える実績を誇る。 青森市から包茎手術を受けるため新幹線を利用しても2時間程度の時間がかかるが、地元・青森の病院に飽き足らない患者さんはABCクリニックを選ぶという。


青森からABCクリニック
青森からABCクリニック

住  所 仙台市青葉区中央2丁目11−28 りんくすビル3階

電話番号 0120−848−656

 住  所
 仙台市青葉区中央
 2−11−28
 りんくすビル3階

 電話番号
 0120−848−656
写真で道順を確認

青森市の患者さんでABCクリニックへ包茎手術を受けに行きたい方はJR仙台駅西口を出てください。駅前のロータリーを右側の「駅前通り」を直進してください。AERビルを過ぎると広瀬通りとの交差点に出ます。この交差点を左折して進むと愛宕上杉通りとの交差する「中央2丁目交差点」に出ます。ABCクリニックはこの交差点の角です。
青森から包茎手術を受けに来院される場合には新幹線利用が一番よいでしょう。


ABCクリニック詳解ボタン
ABCクリニック詳解ボタン



東京ノーストクリニックのアイコン
東京ノーストクリニック
東京ノーストクリニックのホームページ
東京ノーストクリニックのホームページ

包茎手術業界で日本最大の分院数を誇る東京ノーストクリニックの盛岡院。 東京ノーストの歴史は業界でも古く、多くの包茎クリニックが消えていく中、25年に渡り包茎業界の最前線で実績を積み上げてきた。 「誠実に地域に密着した診療」をコンセプトに、青森市に本田ヒルズタワーが開院するまで長く本州最北端の専門院として東北地方北部の患者の包茎手術を独占してきた。 そのため、最近まで青森から車で県境を越えて来院する患者さんも多かったが、東北新幹線が新青森まで開通して影響で、仙台方面に流れる患者さんが増えてしまった といわれているが、長年つちかった実績からここを支持する患者さんは依然と多いといわれる。


青森から東京ノーストクリニック
青森から東京ノーストクリニック

住  所 盛岡市盛岡駅前北通5−14 メルベイユ盛岡第6ビル4階

電話番号 019−626−3233

 住  所
 盛岡市盛岡駅前北通
 5−14
 メルベイユ盛岡第6ビル4階

 電話番号
 019−626−3233

青森市から包茎手術を受けに東京ノーストクリニックに行く場合は、JR盛岡駅北口を出てください。北口駅間はロータリーになっています。ロータリー左手には「フェザン」があります。ロータリーからフェザンの前を通る左手に進む道がありますから直進してください。駅の上を跨ぐ車道(陸橋)の下を通り、少し進むと左手にJRビルがあります。東京ノーストクリニックはJRビルの道の反対側にあります。
青森から来院する場合には新幹線の利用をお勧めします。車で来院する場合には駅北口周辺の駐車場に車を停めてきてください。


東京ノーストクリニック詳解ボタン
東京ノーストクリニック詳解ボタン


▲このページの先頭へ


青森で包茎手術をしている美容外科クリニック

東京美容外科メンズ専科のアイコン
東京美容外科メンズ専科
東京美容外科のホームページ
東京美容外科のホームページ

東京美容外科・AGAスキンクリニック等の東京美容外科グループの男性専科クリニックの青森院。包茎手術の他にもED治療や育毛・発毛治療等をおこなっている。 全国展開している大手の美容外科クリニックの中でも包茎手術の実績は中央クリニックと双璧と呼ばれている。 特に分院展開している地方の包茎患者の集客には定評があり、本田ヒルズタワーが青森に分院を進出するまでは自由診療系で包茎手術を希望する患者さんは 東京美容外科で治療を受けていた。現在包茎手術の自由診療系NO1の座は知名度に勝る本田ヒルズタワーに明け渡したが、長い青森市での診療実績から 根強く包茎患者を獲得しているという。


青森院の外観
青森院の外観2

住  所 青森市安方1−3−2 青森ビル2階

電話番号 0120−319−696

 青森院住所
 青森市安方
 1−3−2
 青森ビル2階

 電話番号
 0120−319−696

東京美容外科メンズ専科青森院へ包茎治療に行きたい方はJR青森駅東口を出てください。駅前はバスのロータリーになっています。ロータリー左側の一番駅舎に近いビルに東京美容外科メンズ専科青森院があります。ビルの屋上にはクリニックの大きな赤い看板がありますから解りやすいですね。ビル1階はほたて専門店「帆立小屋」です。
青森院まで包茎手術を受けにくる方は公共の交通機関を利用してください。車で来院される方は青森駅東口周辺の駐車場に車を停めてきてください。




青森タウン形成外科

美容外科

青森市新町1−8−8 アセントビル3階 電話番号0120−107−286


東京青山クリニック

美容外科

青森市新町1−13−7 和田ビル4階 電話番号0120−911−891




青森で包茎手術・相談をしている泌尿器科クリニック

青森県立中央病院

泌尿器科・皮膚科・内科・外科他

青森市東造道2−1−1 電話番号017−726−8111


青森病院

泌尿器科・整形外科・内科・外科他

青森市浪岡大字女鹿沢平野155 電話番号0172−62−4055


福士泌尿器科医院

泌尿器科・皮膚科・内科

青森市金沢3−31−10 電話番号017−739−3633


菅原泌尿器科

泌尿器科・内科・形成外科

青森市松原3−3−20 電話番号017−777−5000


小野寺泌尿器科医院

泌尿器科・外科・内科

青森市堤町2−4−7 電話番号017−735−7500


下山泌尿器科医院

泌尿器科・内科

青森市造道3−2−28 電話番号017−743−5210


こがクリニック

泌尿器科・皮膚科・形成外科

青森市緑3−9−2 電話番号017−731−2255


おおもり腎透析・泌尿器科クリニック

泌尿器科

青森市西大野1−15−7 電話番号017−752−6353



▲このページの先頭へ


青森の包茎手術アラカルト

1、青森の潜在包茎人口調査

青森県・青森市  人口29万1000人  青森県の県庁所在地で人口が1番目の都市である。


総務省統計局の調査資料に基づき青森県青森市の潜在的な包茎手術対象者人口を推計してみます。

青森市の人口29万1000人のうち、男性は14万2000人(平成23年度総人口に占める男性比 48.7%)

青森市の男性人口14万2000人のうち、18才〜45才までの包茎手術適齢期男性人口は5万1000人 (平成23年度男性人口に占める対象年齢男性比 36%)

青森市の包茎手術適齢期男性人口5万1000人のうち、仮性包茎の男性人口は3万5700人(男性に占める仮性包茎の割合 70%)

青森市の包茎手術適齢期男性人口5万1000人のうち、包茎手術の対象にできる症状の男性人口は4080人 (男性に占める重度の仮性包茎以上の症状の方の割合 8%・ここで重度の仮性包茎とは通常時でも常に亀頭に皮がかぶっている症状をいう。)

青森市の18才〜45才間の各年代の重度の仮性包茎以上の症状の方の数146人。


青森市にお住まいで重度の仮性包茎以上の症状のあなた!・・・

市内の同級生の中では1/146の方です!

  

2、青森の包茎手術の県内外治療率調査

青森の包茎患者・保険診療自由診療比率調査
青森の包茎患者・保険診療自由診療比率調査

この表は青森の包茎患者がどこで治療を受けているかを調査したものです。東北新幹線が青森まで開通する以前は、県内に包茎手術専門院は存在せず 自由診療系では少数の美容外科が細々と包茎手術をしていただけだったので県内保険診療比率が50%・県内専門院(美容外科を含む)比率は5%、 県外比率は45%程度でした。県外に行く患者さんの半数は盛岡の東京ノーストクリニックで治療を受け、残り半数が仙台まで足をのばす患者さんでした。

青森まで新幹線が開通した影響で、仙台まで足をのばす患者さんが増えるとともに、首都圏から医師の派遣がしやすくなったため本田ヒルズタワークリニック が青森に分院を進出。そのため比率が大きく変動しました。

県内保険診療比率は大きく下がるとともに県内専門院(美容外科を含む)比率は上昇傾向にあります。県外比率でも盛岡に行く患者さんが減少して、 仙台まで行く患者さんは増加傾向にあります。



3、青森から県外の包茎手術専門クリニックまでの移動手段

新青森駅から青森の包茎患者がよく行く包茎手術専門クリニックの所在地までの最短時間の道筋と運賃(平成26年1月1日現在)です。

1、仙台

新青森―(東北新幹線)→仙台

切符代金11210円 所要時間は1時間50分程度で仙台に行けます。

青森駅前から高速バスで仙台駅前まで行けば、運賃6000円、所要時間4時間50分で行けます。


2、盛岡

新青森―(東北新幹線)→盛岡

切符代金5930円 所要時間は1時間5分程度で盛岡に行けます。

青森駅前から高速バスで盛岡駅前まで行けば、運賃3300円、所要時間2時間44分で行けます。


青森市は青森県の県庁所在地で最も人口が多い都市です。以前は青森県内に包茎手術専門院は存在しなかったため、専門院の包茎手術を希望される患者さんは 盛岡で手術を受けていました。現在は本田ヒルズが分院を進出させており、地元で包茎手術を受けたい患者さんはそこで治療を受けられるようになった。 また東北新幹線が開通した影響で、仙台まで足をのばす患者さんは最近は急増しているという。

包茎手術後に麻酔が切れた後のことを考えると地元・青森をお勧めしますが、仙台・盛岡での包茎手術をお考えの患者さんは麻酔が切れた後のことを 十分に注意する必要があります。



4、青森には関係ないけど「包茎手術まつ・ここ治療話の豆知識」

  

豆知識「包茎手術を受けて傷口に包帯がくっついてはがせない場合の対処法」

青森市でも包茎手術を受けたことがある方なら、包帯を巻きなおす際に誰もが経験していることですよね。

包茎手術を受けると治療後に包帯を巻きます。包茎手術を受けたクリニックによって差がありますが、大抵は1週間程度・包帯を毎日新しいものと変えながら 常に巻いた状態になっているはずです。(クリニックによっては傷口を固定させるために5日〜1週間程度巻っぱなしにする所もあるようです)
新しい包帯に変える際に、巻いてある包帯が滲出液によって傷口にくっついて剥がれない場合があります。 私の場合はさらに真性包茎だったため、包帯をはがす時の痛みは尋常じゃありませんでした。

包茎手術の傷口にできた「かさぶた」(?)が剥がれてしまったり、傷口を縫った糸が包帯にくっついて取れてしまったり、大変な思いをしたものです。
で、こういう場合には消毒液をくっついている箇所にかけて濡らし、少しづつはがすと楽に取れますよ。 私も消毒期間の1週間、その後も亀頭を保護するために軽く包帯を1週間程度巻いていたので、合計2週間ずっとその方法で包帯をはがしていました。 無理してはがすと、せっかく固まった傷口から出る浸出液が包帯にくっついて取れてしまい、傷にとってよくありません。時間をかけてもゆっくりはがしましょう。

青森でこれから包茎手術を受けられる方は、ぜひ試してみてくださいね。

▲このページの先頭へ



青森県で包茎手術・治療

八戸で包茎手術・治療 弘前で包茎手術・治療
五所川原で包茎手術・治療 むつで包茎手術・治療
十和田で包茎手術・治療 三沢で包茎手術・治療
黒石で包茎手術・治療 つがるで包茎手術・治療
平川で包茎手術・治療


包茎手術にまつわる、ここだけの治療話!TOP